津田沼 インプラント 歯科 歯医者 習志野市 桜井歯科医院

047-477-0608

〒275-0016 千葉県習志野市 津田沼1-2-13 OKビル4F

土日診療しております
アクセス

インプラント




当院のインプラントについて

当院で行っているインプラントにはITIインプラントとHAインプラントがあります。ITIインプランは2004年度アメリカ歯科医師会推薦をうけるわずか4つのインプラントのうちの一つに正式認証されています。日本はもちろん世界中で多く使われているインプラントです。

ITIインプラントには「骨に強固に結合する」「基本的に、1回の手術でできる」「歯を抜いてすぐに使える」「日本人の顎に適している」などの利点があります。一方、HAインプラントはチタンの表面に使われている材料がハイドロキシアパタイトという顎の中で積極的に骨と結合しようとする生活活性剤です。それにより骨とインプラントの間に隙間があいてしまった症例や骨の状態が悪い場合でも高い成功率があります。当院では、これらのインプラントの特徴を生かし患者様にもっともあったインプラントを患者様との話合いにより決めています。

料金についてはこちら

インプラント治療とは?

人は一度永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。そのため今までは入れ歯などを用いてしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし入れ歯だと固いものがうまく噛めなかったり、発音がおかしかったり、また長く使っている間に合わなくなって正常に使用できなくなる場合がでてきます。

そこで登場するのがインプラントです。
インプラントは、失ってしまった自分の歯の替わりに人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を形成して噛み合わせを回復する治療法です。直接顎の骨に固定するためガタつかず、自分の歯のように自然に物を噛めるようになります。

インプラントと従来の入れ歯の違い

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける留め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動がよみがえります。
また、制作された人工の歯もぴったりと固定されていますから固いものでも楽に食べられるようになります。

インプラントの構造

インプラント体(フィクスチャー)
インプラント本体で、骨の中に埋め込まれ、咬む力を支える部分。
酸化チタンでできている。この形態により、インプラントの性質が変わってくる。
アバットメント
インプラント体の上に置かれ、インプラント用の歯を支える部分。ほとんどの場合はインプラント体と同じく、酸化チタンでできているが、前歯の場合は、セラミック製のものが使われる。
上部構造物(人工の歯)
アバットメントの上に作られる人工の歯。セラミック等で作られる。ネジ止めにて固定される場合が多いが、セメントにて固定されることもある。
スクリュー
インプラント体とアバットメントを固定するためのもの。

インプラントのメリット

メリット1
歯が一本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことが出来るので、他の歯を削る必要はありません。
メリット2
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけでかむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数バランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。
メリット3
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しをする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事が出来ます。
  • インプラントは新しいご自身の歯として、自由に物を噛め周りの歯にも悪影響を及ぼしません。
  • 歯を失った時、ブリッジを入れるために両隣の歯を削る必要がない
  • 残っている歯への負担を増やさない
  • 歯の根が折れる危険性のある歯、抜歯するかどうか迷う歯も抜歯になった時のリカバリーが容易である
  • インプラントは副作用が無く、半永久的に使用可能です

インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。しかし、ブラッシングが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨が炎症を起こしてなくなってしまいます。そのまま放置すれば、周囲の骨にまで悪影響を及ぼします。インプラントを長持ちさせるためには、毎日の適切なブラッシングと定期的なメインテナンスが不可欠です。

PAGE TOP